広いサバンナに、乾いた風が通り過ぎる。立ち止まり、そっと耳を澄ますと聞こえてくる。
動物の嘶き、鳥の羽音、地鳴りのような大地の鼓動。 こんな力強い生命のざわめきを感じたくて、
私の足は幾度もアフリカへと向かっていくのだ。
大都会ナイロビを一歩出ると、時間は違う流れ方をしているようだ。 街を離れた村々では、人の話し方や歩くスピードまで違っている。
家畜を放牧させ、畑を耕す。太陽が昇り沈んでいく、そのリズムに身を任せて、 ゆったりと静かな1日が過ぎていく。
電気のない夜、灯油ランプを囲んで家族が集い、 その日一日が無事過ぎた感謝を唱える。 村人たちと質素な食卓を共にするとき、
私の胸の中は不思議な幸福感でいっぱいになる。 明日もまた、家族みんなが健康でありますように。
お腹を満たすに十分な食料が得られますように。
祈りとは、こんなにシンプルで、自然なものだったのか。深い安らぎと共に眠りにつく。
朝はきっと、にぎやかなニワトリの鳴き声で目覚めることだろう。
  ▼ナイロビ郊外の人々は下記の10ページを掲載しています。各写真から大きな画像でご覧いただけます。  
   
  ●地図のページへ
●表紙にもどる