フィジーのナンディ国際空港に着いて一番驚いたのは、インド人の多い事だった。
何とフィジー先住民とインド系の人々が約半々の割合で暮らしてるそうだ。
元々フィジー先住民がインドの人達を労働力の補給に移民させたのが始まりだそうだが、
インド人は賢く、まじめに働いたので、今では財力を貯えている人も多い。
歴史的にはいろいろな事があったそうだが、今では2つの民族が上手く調和しているように感じた。
さ〜光り輝く南国の笑顔を見てください。
サトウキビの刈り入れシーズンには、
サトウキビ列車が山盛りに積んで
運ぶ。まさにフィジーの風物詩だ。
サトウキビ畑を通りがかったら手招き
して、サトウキビを食べ易いように
切ってくれた。かなりの甘さに感激!
●地図のページへ
●表紙にもどる
←笑顔の各写真をクリック
してください。大きな画面で
ご覧いただけます。